ヴィーガンのためのクラウドファンディング締め切り間近

お力をお貸しください

詳細はこちら⇒

ヴィーガン(ビーガン)とは

ヴィーガンとは、(英:Vegan)動物性の食品や製品を一切摂取しないライフスタイルを選ぶ人々であり、ヴィーガンは、は肉や魚だけでなく、卵、乳製品、蜂蜜なども避けます。その理由は多岐にわたり、動物の権利、環境保護、健康管理などが挙げられます。ヴィーガンの食事は、主に野菜、きのこ、海藻、果物、豆類、ナッツ、種子、そして全粒穀物から成り立っています。そして、食事だけでなく、衣類や化粧品などの日用品においても動物由来の製品を使いません。

ヴィーガンスタートトップページへ

ヴィーガンの特徴

🍀食事
・肉、魚、鳥類、卵、乳製品、蜂蜜などの動物由来の食品を一切摂取しません。
・主に穀類、野菜、きのこ、海藻、ナッツ、豆類、果物などを食べます。
・植物性ミルク(豆乳、アーモンドミルク、オーツミルクなど)や植物性肉(大豆ミート、ジャックフルーツなど)を使用します。

・ヴィーガンとは、ヴィーガンのライフスタイルを実践、継続することになりますが、バランスの取れた栄養摂取を心がけることが重要です。
・ビタミンB12、鉄、カルシウム、オメガ3脂肪酸など、特定の栄養素を補うためにサプリメントや強化食品を利用することもあります。

🍀衣類と日用品
・革製品、毛皮、ウール、羽毛、シルクなどの動物由来の素材を好みません。
・動物実験を行っている化粧品や医薬品も避ける傾向があります。但し、緊急の場合など、本人の許可なく、動物実験からできた薬を投与されることは仕方ないというスタイルです。
・ライフスタイル面においては、倫理的な理由、環境保護、健康増進などのさまざまな理由から選ばれることが多いです。

ヴィーガンになる理由

🍀動物愛護
・動物の権利を尊重し、動物の苦しみを避けるため。
・動物の搾取や虐待を減らすため。

🍀環境保護
・畜産業が環境に与える負荷(温室効果ガスの排出、水の消費、森林破壊など)を減らすため。

🍀健康管理
・植物性食品が豊富な食事が健康に良いとされることが多いため。
・一部の病気(心臓病、糖尿病、特定のがんなど)のリスクを減らすため。

🍀倫理的理由
・生命の尊重や持続可能な生活を追求する価値観に基づくため。

ヴィーガンとベジタリアンの違いについて

🍀ヴィーガンとは、動物由来の製品を一切摂取しないライフスタイルを指します。これには、肉や魚だけでなく、乳製品、卵、蜂蜜なども含まれます。

🍀一方、ベジタリアンは動物の肉を避けるものの、卵や乳製品を摂取することが一般的です。ベジタリアンはさらに分かれており、例えばラクトベジタリアン(乳製品は摂取するが卵は摂取しない)やオボベジタリアン(卵は摂取するが乳製品は摂取しない)などがあります。

🍀ヴィーガンとベジタリアンの主な違いは、動物性製品全般を避けるかどうかです。ヴィーガンは動物性製品全般:革製品、ウール、羽毛製品、シルクなどに抵抗があり利用しません。しかし、ベジタリアンの中には、それらの製品を使うことに抵抗が無い方もいます。

ヴィーガンとプラントベースの違い

🍀プラントベースとは、健康や環境への配慮から選ばれる食事が多く、近年注目を集めており、植物由来の食品を摂取する食事スタイルです。

🍀プラントベースとヴィーガンは食事のスタイルは似ていますが、動物を摂取するという点では、必ずしもヴィーガンのように、動物性製品を全く使わないということではなく、卵や乳製品、市販の薬品でゼラチンなど動物性の物が入っていても取り入れることもあります。

ヴィーガンになるには

🍀ヴィーガン生活を始める際には、最初から完璧を目指す必要はありません。少しずつ自分のペースで動物性食品を減らしていくことが大切です。そして、ヴィーガンになるためには、いくつかのステップを踏むと良いでしょう。

🍀理念や健康
・ヴィーガンの理念や健康、環境への影響について学びましょう。書籍やドキュメンタリー、ウェブサイトなどが役立ちます。

🍀食事のスタイル
・外食時や旅行時には、ヴィーガン対応のレストランやメニューを事前に調べておくと安心です。周囲のサポートや理解を得ることも役立ちます。
・日々の食事から動物性食品を徐々に減らし、植物性食品を増やしていきます。まずは、ヴィーガンレシピを試してみると良いでしょう。

🍀SNSなどの情報の確認
・SNSなどでは沢山のヴィーガン関連情報が発信されていますので、検索をして、情報を集めることで、安心したヴィーガン生活が可能になります。

🍀楽しくお家でヴィーガン料理
・ヴィーガン食材や料理に慣れるために、心配することはありません。いつものお料理から、動物性の出汁や、動物性食材を抜くだけで充分です。
・難しく考えないで、ピザを作るのであれば、植物性のチーズを使うか、チーズ自体を使わなければ良いだけで、美味しい植物性ピザができます。
・牛丼が食べたいなら、動物性の肉を抜いて、植物性の大豆からできたお肉もどきを使えば、驚くほどおいしく頂けます。

🍀驚きのヴィーガン料理のはじめの一歩
・間違いなく、大豆ミートのから揚げです。これを食べたら、二度と鶏を殺して鶏のから揚げなど食べる必要が無くなります。

インドの、ヴィーガンとは(牛さん)

🍀インドにおける牛の存在は、文化的、宗教的、経済的に非常に重要です。特にヒンドゥー教では、牛は神聖な存在とされています。以下は、インドにおける牛の主な役割と重要性についての情報です。

🍀インドでは牛のミルクを摂取する
・ベジタリアンの種類の中では、インドでは、ヴィーガンでは無くラクト・ベジタリアン(牛乳や乳製品を摂取する菜食主義者)になります。
・インドではヒンドゥー教徒が多く、牛はヒンドゥー教において神聖視されているため、ほとんどのヒンドゥー教徒は牛肉を食べません。
・牛肉以外の肉は
多くのヒンドゥー教徒は菜食主義を実践しており、特にバラモン階級の人々は厳格な菜食主義者が多いです。これは肉、魚、卵を含まない食事です。
🍀インドと日本の畜産業の違い
日本の牛と、インドの牛では全く環境が違います。牛はロープでくくられ、狭い囲いの中に閉じ込められ、無理やりミルクをとったりなどの、日本の畜産業のような方法は、ほとんどありません。
🍀神聖な牛のミルクをとってもいいの
インドでは牛たちは自由です。ロープにくくられることもなければ、狭い檻の中にもいません。みんな、好き勝手に街の中心部まで歩いては、ゴミ箱をあさり、車の通る道路のわきでも平気で寝ています。人間がミルクを摂取するために、牛に負担をかけることはなく、逆に牛たちの方から、飼い主の為に、ミルクを出すので、インドでは乳製品は摂取しても良いとされていることから、ラクト・ベジタリアンとなります。

🍀宗教的な重要性
・ヒンドゥー教
牛はインドの多数派宗教であるヒンドゥー教で神聖視され、ゴーマータ(母なる牛)と呼ばれます。これは牛が富と繁栄の象徴であり、その殺害を禁じる教義があります。牛乳や乳製品が食生活の重要な一部でもあるためです。
・神聖な儀式
多くのヒンドゥー教の儀式や祭りでは、牛が重要な役割を果たします。牛は多くの宗教儀式に参加し、その存在は祝福や浄化の象徴とされています。特定の日には牛を飾り、祈りを捧げる習慣もあります。

🍀経済的な役割
・農業
牛は伝統的な農業の中心的存在であり、特に小規模農家にとっては耕作や運搬に欠かせない存在です。
・乳製品
牛乳から作られる乳製品は、インドの食生活において非常に重要です。ヨーグルト、ギー(精製バター)、チーズなどが含まれます。

🍀法的な側面
・牛の保護
多くのインドの州では牛の屠殺が法律で禁止されています。これにより、牛の保護が促進されていますが、これには地域ごとに異なる法的規制があります。
・畜産業
牛の飼育は畜産業の一環として行われ、牛乳はインドの食生活に欠かせないもので、ヨーグルト、バター、ギーなどが広く消費されています。乳製品の生産と販売は、多くの農家にとって主要な収入源です。

🍀社会的な影響
・牛放牧
インドの多くの地域では、牛が自由に放牧されている光景が一般的です。これは都市部でも見られ、交通や衛生面での問題も生じることがあります。
・文化的イベント
牛に関連する祭りやイベントも多数存在し、地域社会において重要な役割を果たしています。

🍀近代化するインドという国において投資の問題
・牛と経済発展
伝統的な牛の役割と新しい経済活動との間でバランスを取ることが求められています。都市化と産業化の進展に伴い、牛の扱いに関する新しいルールや規制が必要とされています。

🍀牛と文化と社会
・社会的シンボル
牛はインド社会において平和、富、繁栄の象徴とされています。特に農村部では、家族の一員として扱われることもあります。
・都市部の牛
インドの多くの街では、牛が自由に街を歩いていて、飼い主が付いているわけでもありません。交通金への影響もありますが、車が牛をよけて通るのが一般的です。

🍀インドの社会と牛の結びつきは近代化が今後も進もうとも、動物と人間の関係を超えた深い文化的、経済的、宗教的、においてその重要性を続くとみられます。

🍀最後の前に、ヴィーガンスタートが見つけた、牛さんの物語を記しておきたいと思います。

ある街では、「牛」ではなく、「牛さん」です。当然ながら、牛さんを殺したり、食べたりなどしません。
牛さんの、賢さ、律儀さ、優しさ、を知っているからです。その地域の、農場で働く人々の家には、牛さんがいます。
その牛さんは、家主が農場で働くときに、農作業の手伝いをします。
家主は、必ず、牛さんの家屋を作っていて、農作業後には、そこで、牛さんの労をねぎらい、農場主から分けてもらった、草や藁を食べられるようにします。
でも、それだけでは、とても牛さんの体には食料としては足りません。牛さんの家屋には、牛さんを繋ぐ紐もなければ、出入り口の扉などもありません。
牛さんは自由です。
家主の農作業を手伝いたくなければ、逃げることも可能なのです。でも、牛さんは逃げません。
逃げるどころか、牛さんは、夜になると、街を目指して、何キロもの距離を歩きます。

街には、沢山のゴミの山があり、牛さんは、そのゴミの中から、食べられるものを探して、食べます。
それでも、先進国にいる牛さんしか見たことのない人には、想像ができないほど、ガリガリで骨がむき出しになるほど、痩せています。
家屋から街まで何キロも歩いてきた牛さんは、疲れてしまっているので、しばらくゴミの山の近くで寝ます。
そして、目を覚ますと、また、家主の家へと、何キロも歩いて帰ります。
雌牛さんの場合には、家主が来るとミルクも感謝をこめて出します。
安心して、子供も産みます。
それを毎日繰り返して、牛さんは人間に殺されることなく、寿命がきて、生涯を終えます。
未来へと多くの人々の為に、人間が牛さんへの感謝を忘れない限り、牛さんは人間の為に、必用なものを差し出し、共に、天国へと行きました。

最後に:ヴィーガンとは

🍀ヴィーガン食は、心血管疾患、糖尿病、肥満などのリスクを減少させるといわており、抗酸化作用を持つ食材が多く、免疫力の向上が期待されおり、また、温室効果ガスの排出が減少し、地球温暖化の抑制に寄与します。動物福祉面では、動物の権利保護に貢献し、動物虐待の減少に繋がります。
🍀また、ヴィーガニズムとは、動物の権利や環境保護なども含まれています。

考え方
シェアする
veganをフォローする
【免責事項】
食品関連の記事につきまして当社は一切の責任を負いかねます。 この記事をお読みになられたみなさまの自己責任において原材料等の確認及び購入・摂取の判断をしていただきますよう、お願いいたします。
【免責事項】
食品関連の記事につきまして一切の責任を負いかねます。 この記事をお読みになられたみなさまの自己責任において原材料等の確認及び購入・摂取の判断をしていただきますよう、お願いいたします。